トップ > 預金の意味

預金とは

 

読み方:よきん
別名 :
英語 :
分類 :金融

-
銀行、信用金庫などにお金を預けること。また、預けられた個人・企業のそのお金のこと。

一般的には、金融機関に預金口座を開設してお金を預け、預金通帳やキャッシュカードを持って口座を管理する。

金融機関の取り扱っている商品の中で、預けた資金に対して金融機関が将来の元本の支払いを保証する商品のことである。

預金は大きく2種類あり、預入期間の定めがなく、預金者からの払戻請求により自由に出し入れができる「流動性預金」と、あらかじめ預入期間が定められた「定期性預金」にわけられる。

流動性預金とは、具体的に言えば、普通預金や当座預金のことである。

普通預金は、お金の引き出し、預け入れ、振り込みなどができるほか、各種公共料金などの自動振替、給与、年金などの受取り口座としても使うことができる。

定期性預金とは、具体的に言えば、定期預金、通知預金、定期積金などである。

金融機関が万一破綻した場合でも、預金者1人につき、1000万円までの元本(元金)とその利息までを払い戻すペイオフ制度がある。


ページのトップへ戻る