トップ > ワーキングプアの意味

ワーキングプアとは

 

読み方:わーきんぐぷあ
別名 :働く貧困層
英語 :working poor
分類 :日本経済  その他

-
米国、日本などの先進資本主義国において、正社員として、またはフルタイムで働いていても、一般的な生活さえ維持が難しい、または生活保護の受給水準にも満たない収入しか得られない就労者の層のこと。

バブル経済崩壊後のデフレ進行の過程で、企業が実施した人件費を中心とするコスト削減や、派遣社員や契約社員などの非正社員の雇用を増やしていることが主な要因とされる。

仕事からの収入は低賃金で、長時間働いても生活が安定せず、貯蓄も殆どない場合が多い。

「ワーキングプア」とは、もともとアメリカで生まれた言葉である。

また近年では、日雇い労働などをして住居を持たずに日々生活する人々も増えている。

こうした人々はインターネットカフェなどを利用して宿泊することから、「ネットカフェ難民」と呼ばれる。


ページのトップへ戻る