トップ > 株式公開(IPO)

株式公開(IPO)とは

 

読み方:かぶしき・こうかい
別名 :新規株式公開、IPO
英語名:Initial Public Offering
分類 :

-
未公開・未上場会社の株式を証券市場(株式市場)において売買可能にすること。

株式会社において、オーナーや創業一族など少数の特定株主のみが株式を保有して株式の自由な流通ができない状態(未公開・未上場)から、不特定多数の投資家が参加する市場で株式の売買が行われるように、株式市場に新たに株式を供給することをいう。

株式を新規に公開することから、IPO(Initial Public Offering)、新規公開、新規株式公開ともいう。

既存の株主に保有されている株式を市場に売る「売出し」と、新たに株券を発行して市場から新規に資金を調達する「公募」がある。

株式公開により、企業は証券市場における資金調達による事業展開が可能になったり、上場し企業の知名度向上や信用度が上がることによる事業の展開の円滑化や、優秀な人材の確保がしやすくなるなどの利点があげられる。

また、既存の株主にとっては株式の市場売却によって投下資本の回収が容易になるなどの利点がある。

IPOには多くの利点があげられるが、その反面、新規株主の経営介入、敵対的買収などのリスクにもさらされる。

近年、ジャスダックや東証マザーズ、ナスダックジャパンといった新興市場における、IT関連企業を中心としたベンチャー企業の株式公開が急増している。

ページのトップへ戻る