トップ > 移動平均線(MA)とは

移動平均線(MA)とは

 

読み方:いどう・へいきん・せん
別名 :MA
英語名:Moving Average line
分類 :

-
相場の方向性(トレンド)などを見るためのトレンド追随型のテクニカル指標のこと。

ある一定期間の株価の終値の平均をあらわした線になり、株価のトレンドが分かる。

よく使われる移動平均線は、日足(5日・10日・25日・30日・75日・80日・150日・160日・200日)、週足(13週・26週)など。また、月足(60カ月・120カ月)などもある。

移動平均線のことをMA(Moving Average)といい、日足の移動平均線はDMA、週足の移動平均線はWMAという。

移動平均線は現在の株価トレンドを判断するのに有効で、平均線が上向きなら「上昇トレンド」、下向きならば「下降トレンド」と判断できる。

市場参加者が使う最もポピュラーなテクニカル指標のひとつである。


ページのトップへ戻る