トップ > 配当(株主配当)の意味

配当(株主配当)とは

 

読み方:はいとう
別名 :株主配当
英語 :
分類 :株式

-
株式会社(企業)が株主に分配する利益のこと。

株主が、利益配当請求権によって受け取れる利益の分配であり、権利確定日における株主のみが受け取ることになる。
一般的には、現金によって支払われる「現金配当」を指す。

配当の種類には、
・通常の決算期に配当される「普通配当」
・通常の決算とは別に、特別な理由がある場合の「特別配当」
・会社の創立や創業などを記念して配当される「記念配当」
・その他、四半期配当、中間配当
などがある。

企業やその業績、戦略によっては、配当を出さない「無配(配当が支払われない)」もある。例えば、内部留保を厚くしたいケースなどである。

配当の受け取りは、預金口座へ直接振込みを受ける方法、郵便振替支払い通知書、または配当金領収書によって受け取る方法などがある。

年間の配当が株価に対して何%かという指標を「配当利回り」という。
1株あたりの年間配当金額を、現在の株価で割って求める。
つまり、「配当利回り=配当金額÷現在の株価」で求められる。


ページのトップへ戻る